これまで色々なサイトでワード関係の記事を書いて来ましたが、ここにそれらを統合すると共に内容の加筆・修正を行なっていきます。但しワードのバージョンは今後も使い続ける人が多いと思われるWord 2003ですが、Word 2007やWord 2010でも共通な所は利用可能です。それとWord 2010の記事も一部含みます。

「箇条書きと段落文字」で最初の文字位置を変更するには

「箇条書きと段落文字」で文書を書いた時、行頭文字と次の文字との間隔を小さくしたいと思ったことありませんか?一見固定のように見えますが実は出来るのです。注目点は上のルーラーです。このルーラーを注意深く見つめると、行の位置によってルーラー上をあるものが動いています。そこを動かすと文字の位置も変化しそうと言う勘が働きます。
image 
この位置の数値を見るには「箇条書きと段落番号」で「変更」をクリックすると次の画面になります。
imageimage 
ここに出ている数値から「字下げとぶら下げ/タブ位置」が最初の文字位置を決めている事がわかります。
実はWord2000/2002では分かり難かったこの設定が、Word2003では改善されているのです。つまり「タブ位置」と言うのが、出るようになりました。これだと一つの画面で設定可能です。
ここでタブ位置を4mmにしてみます。
image
これだと2行目と1mmのずれがあるので、「左インデントからの距離」も4mmにします。
image
これで同じになりました。
image段落番号の場合は既定値のままで、いいと思うのですが、箇条書きの場合は●からちょっと離れすぎと感じます。ここも段落番号と同じ5mmにして見ます。私はこれ位の方がバランスが好いと思うのですが、いかがでしょうか。 
image



Copyright(C) Owlnet All Rights Reserved.